横断歩道の戦場(線上)

最近運動不足が気になり始め、朝夕の通勤を車から徒歩に変えました。

片道1キロの道のりで大したことはない距離かもしれませんが、

車で素通りするのと違って、街中を歩くことで

いつの間にか喫茶店が開店している、など新しい発見が楽しいです。

そして何だか食欲が出て来て、益々お腹に肉が付きそうです(笑)

 

ところで行き帰りに最低でも3か所の横断歩道を渡りますが、

なるべく信号のある横断歩道を渡るようにしています。

なぜなら信号のない横断歩道では、ほとんど車が止まってくれず

かなり立って待つことになるからです。

 

しかし一方、信号のある横断歩道は十字路の交差点にあって、

同方向の左折車や対面方向の右折車が入り乱れ、

横断歩道を渡っている最中に車が突っ込んできます。

また、交差している車でも、赤信号なのに停止線で止まらずに

横断歩道まではみ出してくる車が少なくありません。

 

もはや横断歩道は、交差点の中で唯一安心して渡れる線上ではなく、

一刻も早く渡り切らないと生命が脅かされる戦場、

そんな気がしてなりません。