入管業務研修会

10月5日盛岡市内で、入管業務研修会が開催されました。

宮城会の申請取次行政書士管理委員会委員長が講師をされ、

「在留資格:日本人の配偶者等、技術・人文知識・国際業務」

の失敗事例と成功事例のご説明がありました。

 

申請取次行政書士の書類作成如何によって、

国際結婚して日本で一緒に暮らせるはずの夫婦が暮らせなくなる

こともあり得るわけで、その責任は非常に大きいものがあります。

 

また、留学から就労ビザへの変更のハードルは高いとの説明があり、

この点、雇用主からの要望には慎重にならざるを得ない

という認識を強く持つことになりました。

入管業務は簡単に安請け合いできない、ということだと思います。

 

ただ、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた国の施策が

この秋の臨時国会で審議されることとなっており、

その結果を注視していきたいと思います。