平成30年度第1回経営状況調査報告書

昨日、北上商工会議所から、

平成30年度第1回経営状況調査報告書が届きました。

それによると、

業況について、今期(平成30年1月~6月)の実績は、

業種別で建設と製造において、好転企業が悪化企業を

上回るDI値になりました。

 

来期(平成30年7月~12月)の見通しでは、

全産業では、前年同期に比べて若干の好転が期待されるようです。

ただ、業種別では製造のみ好転が悪化を上回り、

小売及び飲食では△20.0以上の悪化と見通す企業が上回っています。

 

東芝メモリの影響が、飲食、サービスの業種を好転させるかは、

まだ何とも言えないような気がします。

ただ北上市内は、目下、アパート建設ラッシュになっていることは

間違いないところです。