ソフトバレーボールプラチナカップ大会

きょうは、金ケ崎町でソフトバレーボールの

プラチナカップ大会が開催されました。

私が所属する立花SVCチームの応援に出かけました。

 

男女2人ずつのトリム4人制の大会ですが、

参加資格が男女とも60歳以上になっています。

今年で7回目の開催とのことです。

 

高齢になると、勝敗を気にするチームの若い人から

あからさまに迷惑がられたり、何となく自分のほうで

気兼ねして普通の大会に出場しづらくなります。

 

プラチナカップは、

そういう高齢の方でも大会に出場できて楽しめるようにと

始まった大会で、順位の成績が付かない大会です。

純粋に体を動かしプレーを楽しみ、参加者同士の

交流を図る大会です。

 

生涯スポーツであるソフトバレーボールの趣旨に合った

本当に素晴らしい大会だと思います。

 

さらに言えば、他の大会でも例えば

バレーボール経験者と未経験者で組み合わせを分けるとか

すべきだと私は思っています。

 

高齢者にとって、心の張り合いができるような

大会がもっと増えてくれればと思っています。