あるご夫婦から

あるご夫婦から、不動産物件お探しのご相談がありました。

脱サラしてご商売を始めたいとのことでした。

こちらで物件を探そうにも、エリアははっきり決まっていないとのこと。

大体のイメージはあるので、それに合致する物件があれば、とのことでした

 

詳しくお話しを聞いていくうちに、

全体的にしっかりしたプランができていないことに気づきました。

 

メインの顧客は誰か、自社のウリは何なのか、同業者との差別化はできるのか、

売上をどうやって上げていくのか、どのくらいの期間で軌道に乗せる計画か、

軌道に乗るまでの生活費は確保できているのか、

詰めておくべき課題が多すぎます。

 

この段階で、今の職場を退職することは止めるよう説得しました。

決して独立に反対しているわけではなく、

商売がうまくいかなくなって、健康を害したり、夫婦仲が悪くなったり、

そうならないように、自分の脱サラ経験も織り交ぜながら

アドバイスさせていただきました。

 

不動産屋のオヤジが余計な一言なのかもしれませんが、

せっかく何かのご縁でご来店いただいたお客様ですので、

ぜひお幸せになってほしいと願っています。

今後もご遠慮なくご相談いただくようお伝えして、

お二人は帰っていかれました。