切ない相談

きょうは行政書士業務で、切ない相談がありました。

聴いているこちらが泣きたくなるような、つらい話です。

何も言えないような状況です。

 

しかし相談者は何がしか答えがほしくて来ています。

私が感情移入し過ぎて、冷静さを失っては失格です。

あらゆる角度から相談者の状況を検討し、

今、考えられるすべての対応策をアドバイスしました。

 

100%納得できる答えではなかったかもしれません。

それでも、ここから未来を見て生きて行けるように

精一杯背中を押してあげたつもりです。

どうか幸せになっていただけたらと、心から願っています。