リフォームのタイミング

中古住宅を売ろうとするとき

売主さんが売り出し前にリフォームをする場合があります。

 

特に古くなった水回り、キッチン、バス、トイレなど

最新式の設備にして魅力を高めて売りに出そうというのは

買い取った業者さんが施工するのは、まあ普通に想像できます。

それもリフォーム費用を見越して安く買い取っているから

できることです。

 

個人の売主さんが買い手が見つかる前に行う場合は、

ちょっと検討の余地があるように思います。

 

確かにリフォームすれば見た目は良くなりますし、

すぐ住める物件ということのメリットがあり

買い手の目を引くことにはなりますが、

かかった費用の分、売り出し価格は高く設定せざるを得ません。

 

買い手にしてみれば、全部がそうとは言いませんが、

なるべく安く買って、自分の好みの色や設備にするための

リフォーム費用を確保しようと考える場合が多いように思います。

 

今の買い手が求める設備、使い勝手、色彩感覚などからズレない

リフォーム内容にしないと、お金をかけても売れない中古住宅に

なってしまう怖さがあります。

事前のしっかりした調査研究が必要だと思っています。