プラチナカップ

7月30日に、金ケ崎町で

ソフトバレーボールのプラチナカップが開催されました。

試合の出場資格は60歳以上の男女(各2名のトリム)になっていますので、

私は、普段所属する「立花チーム」の応援ということで駆けつけました。

 

運営は、金ケ崎のチームであるサタディークラブの皆さんが

頑張っておられましたので、しばらくお会いしてなかった懐かしい方々に

ご挨拶することができました。

おそらく伝統的に前夜祭も大変盛り上がったと思いますが、

そちらは残念ながら欠席しました。

 

60歳を過ぎると、対外試合では何となく邪魔な存在のような気がして、

出場することが億劫になったりするものですが、

この大会は、勝ち負けを付けずに、純粋にソフトバレーボールを

身体を動かすことを楽しむ大会ですから、

まさしく生涯スポーツの原点に立ち返った素晴らしい大会だと

私はいつも思っています。

これからも開催を続けていただくことを切に願っています。