コード・ブルー

月9ドラマの「コード・ブルー」3rdシーズンが始まりました。

1stシーズンが10年前の放送でした。

 

その頃は久慈地方振興局(現県北広域振興局本局)に勤務していて、

振興局長や県立久慈病院長、地元市町村長による

県北沿岸地域の課題や振興施策の検討の場で、

ドクターヘリの配置要望の話などが出て、

これはドラマの話ではなく、身近で現実の世界の話だと

強く意識して聞いていた記憶があります。

 

数日前に同じ中学の同級生が亡くなりました。

全く予想もしていない急逝でした。

どうしても人の死は運命というか、避けられないこともあります。

 

でも、例えばドクターヘリの整備によって、

運用にはハード面、ソフト面いろいろ課題はあるのでしょうが、

救命されたり、後遺症が軽くなる人が増えることは

やはり何より尊ばれることだと思っています。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    くま (月曜日, 24 7月 2017 17:58)

    ガッキー人気のおかげで”コード・ブルー”は高視聴率のようです。
    私の友達もドクターヘリに携わっていましたが、2年程前に
    他界してしまいました。
    病院がドクターヘリを維持することは財政上難しいようですが、
    国の予算を投入するなどの対策が必要な気がします。

  • #2

    佐藤 (月曜日, 24 7月 2017 19:40)

    くま様、コメントありがとうございます。
    多額の運用費用を誰が負担すべきなのか
    確かに難しい問題かと思います。
    久慈にいたときは、青森県との負担割合の
    話もあったように記憶しています。