紙に残らずとも

先日、あるビジネスパートナーから、いろいろ言われる場面がありました。

言う側の立場にすれば言っていることは正しく聞こえるが、

相手の立場を全く考えていない発言だったと思います。

 

しかし、面と向かって言い合いをすることもありませんでした。

同じ土俵で喧嘩することは、自分を貶めることになり、

自分自身が情けなくなってしまいます。

 

仕事柄、書面作成のご依頼をいただく場面が多くありますが、

あらゆる場面で証拠となりますので、書く内容については

多角的に検討を加え、後々問題にならないよう気を遣います。

 

一方、言葉は何も残らないように見えますが、

相手の心に良い言葉も悪い言葉も、しっかり残ります。

特に弊所に相談においでになったお客様に対して、

苦しめたり、傷つけたりすることのないよう

十分配慮して言葉を掛けたいと改めて思いました。