家族の死

1月20日に、15年一緒だった犬が亡くなりました。

22日に市の火葬場で火葬にしました。

その日は義父の命日でした。

 

15年も一緒にいるとたくさんの思い出があり過ぎて、

ペットとはいえ、やはり寂しくて悲しい毎日が続いています。

ただ亡骸を目の前にしていると涙が止まらなかったのですが、

火葬を終えると少しは落ち着いてきたようにも思えます。

 

最後の1年は歩くことができなくなって、

最後の1週間は、夜中にとにかく吠え続け、

朝方明るくなってくると疲れて眠るという昼夜逆転の状況でした。

かなり苦しかったのだと思います。

 

その間、妻は一睡もせずに夜通し犬の体をさすって

世話をしていましたから、私は妻の身体のほうが心配でした。

少しずつ元気を出して前を向いて生きていこうと思っています。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    くま (木曜日, 26 1月 2017 21:59)

    ご愁傷様です

  • #2

    佐藤 (金曜日, 27 1月 2017 15:10)

    くま様、コメントありがとうございました。