建設業の許可においては、営業しようとする業種ごとに、特定建設業又は一般建設業の許可を受けなければなりません。

 発注者から直接請け負った1件の建設工事について、その工事で発注するすべての下請工事の合計金額が4,000万円以上(建築工事業は6,000万円以上。いずれも消費税含む)となる下請契約を締結するには、特定建設業許可を受ける必要があります。
 なお、同一の建設業者が、同一業種について一般と特定の両方の許可を受けることはできません。

 一次下請が二次下請に4,000万円以上(建築工事業は6,000万円以上)の工事を下請施工させる場合は、一般建設業の許可でも可能です。

 一般建設業の許可でも、発注者から直接請け負う1件の工事の請負金額について、工事をすべて直接施工するか下請への発注額が4,000万円(建築工事業は6,000万円)未満である限り制限はありません。


きたかみ行政書士事務所
  電話0197-72-5098