自賠責保険における後遺障害の等級認定の方法には、保険会社に全て任せる事前認定と、被害者が直接申請する被害者請求の二つの方法があります。

 

「事前認定」

 〇メリット

  ・加害者側の任意保険会社に一括して依頼するため、手間がかからない。

 〇デメリット

  ・認定のみでり、自賠責保険限度額を受け取れるわけではないため、示談が済むまで現金を手にできない。

  ・加害者側の任意保険会社は営利企業であり、採算度外視で積極的に被害者のために認定に向けて動いてくれるわけではない。

  ・被害者の通院する医師が書いた診断書に、反証する(後遺症を認めない)診断書を添付されてもわからない(手続の不透明性)。

  ・結果は、任意保険会社に通知される。

 

 

「被害者請求」

 〇メリット

  ・本人が納得した申請書を提出でき、専門家に依頼すれば、認定に向けて最善を尽くせる。

  ・結果が本人に通知される。

  ・認定の決定と同時に自賠責保険限度額が現金で振り込まれる。このため、示談を弁護士に依頼する予定であれば着手金等が事前に用意できる。

 〇デメリット

  ・書類作成の手間がかかる。…行政書士に依頼すれば手間を省くことが可能。

  ・依頼する場合に費用がかかる。…本人(または親など)の任意保険の弁護士費用等担保特約が使える場合がある。

 

 

「当事務所に依頼されるメリット」

 当事務所は、被害者様からのご依頼により、被害者請求のサポートを行います。

  1)豊富な認定事例を基に、認定に向けたご提案を行います。

  2)認定を実現するために必要な書類の入手、作成を行います。

  3)必要により、医師との面談、文書照会を行い、認定を実現するために提出資料を補強します。

  4)自賠責保険会社とのやり取りは、全て当事務所が窓口となって行います。   

 

 

 
【きたかみ行政書士事務所】